2006年11月01日

ラーメンから学ぶこと

いろいろネットでもリアルでもお騒がせしておりますが、(>_<)・・・

実のところ、弾け気味なのはプライベートばかりでなく、先週末辺りから仕事に忙殺されてる身だったりもする。
毎日赤羽通いも定着しているというのに、おでんをつまむ暇もなく、速攻会社に戻る毎日。
夜ご飯ぐらいはゆっくり美味しいものをと思うのだけど、勢い速攻で食べ終わるものになるわけで。

でも昨日は久しぶりに豚骨ラーメンが無性に食いたくなり、わざわざ移動途中の駅で降りて食いに行ってしまった。

その店は博多に本店があるのだけど、厳密にいうと博多ラーメンではなくて、ちょっと独特な味。
まあその得体の知れない感じも含め、調味料の怪しさも込みで、美味しいと自分は感じていたりする。

そしてユニークな食べさせ方で有名な店のシステム。厨房の中はもとより、ラーメンを運ぶ店員の姿を見せないという、飲食の常識では考えられない形態と、隣りの席との間の衝立。
「周りに気を取られずにラーメンの味に集中できる」システム、と書いてしまえば分かる人は分かってしまうあの店に入ったのだが・・・。

数か月ぶりに入ったその店は、一時の盛況振りも落ちついて、並ばずに直ぐに入れてラッキー。

そしていつものように、紙に注文を書き、「麺はカタメでヨロシク。」いつもの店員さんの長いセリフを聞き流すと、程なくしてラーメン登場。

では、イタダキマス。

ん?

ていうか、不味くない?


明らかに緩い麺と、薄いスープ。そしてダメ押しのぬるさ。

ここで普通ならキレるべきなんだろうけど、文句を言う元気すらない僕は、そっと席を立った。

いや、決して悪い店ではないし、たまたま失敗作だったのかもしれない。
でも、他の店にはない「味への自信」が一つの売りであったのに、それを裏切られた思いは殊更強いのだ。

人気店とモテハヤサレた驕り。客の表情が見えない中で煮詰まり、次第に低下するサービス。

まあ他人事ではありませんな。自分の業界とて、そして自分自身とて同じこと。


最近そんなこんなで、あれこれ考えさせられることが多いのだけど、
サービス業の究極の目的は「空間」と「時間」と「気分」を売ることにあると思う。
そう、水商売ならぬ「空気」商売。
人間ってのは、一日の限られた時間を如何によい「空気」の中で充実して過ごせるかってことが大切で、
これは多分、対人関係の基本的なお約束ごとでもある気がする。

如何によい「空気」を相手と共有出来るか。
それが自然と維持できる人間になるには、まだまだ自分は修行が足りないのかもしれない。
と、あれこれ考えつつ、仕事に勤しむ毎日なのだ。
【関連する記事】
posted by drag_on at 00:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。