2006年07月01日

枝豆その2

image/drag-on-2006-07-01T13:01:23-1.JPG
すこぶる順調(^O^)
posted by drag_on at 13:01| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

次のお仕事

バカンスの後は、ちょい悪な仕事を短期でやることに。
今までの仕事が善良な仕事かといわれると、
これまた微妙ではあるのだけど。

今回は完全に隠密行動。
7月10日近辺は関西方面に出没予定。
大阪転勤は正夢か!?
・・・なんつて。
posted by drag_on at 00:51| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

イチゴ・枝豆・キュウリ

image/drag-on-2006-06-24T13:59:07-1.JPGimage/drag-on-2006-06-24T13:59:08-2.JPGimage/drag-on-2006-06-24T13:59:08-3.JPG

イチゴは収穫期。
1日1個で正直すっぱい(^_^;)
枝豆とキュウリはお盆頃収穫予定。
ちゃんと育つかな?
posted by drag_on at 13:59| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

設計監理

建築設計業界には、「設計監理」という業務がある。
平たくいうと、設計図書通りに現場が施工されているか、
チェックをする仕事である。
特に仕上げてしまえば見えなくなる隠蔽部の確認は大切で、
まあ仕上の出来栄えも大切なのだけど、
コンクリートの中の鉄筋の数とか、
アンカーボルトの長さだとか、
構造に関わる部分の確認は特に基本の基本だから、
そこの確認は設計監理としては大切な部分だと思う。

デザインという名のもとに設計で未消化だった部分に手を加えて、
なんとなく巨匠ぶって、それが監理だと思い違いをしている人もいたりするけど、
まあそんな甘い時代はとっくに過ぎ去っていて、
あくまで契約書としての図面と現場の照合がシビアに要求される時代だ。

かつて、ある地域で、下請け業者が鉄筋をわざと一本設計量より少なく配筋して、
竣工後に元請を恐喝するという事件があった。

折しも自分が設計監理で現場常駐していたときで、緊張が走ったことを思い出す。
ある作業班の施工した鉄筋が、元請けのチェックをすりぬけ、いつも一本足りなかった。
もちろんやり直しでこと無きを得たけど。

その後この業界では一概に施工者だけの問題だけでなく、
設計監理の落ち度が疑われても仕方のない事件がいろいろあって、
非常に業界に逆風を吹かせている。

さらに追い討ちをかけているのが、官邸から発せられた
国の随意契約の原則廃止の流れだ。
元々天下り企業の排除が趣旨だったのに、
連続しているはずの設計と監理のプロジェクトを分断して
別の会社に委託する流れがいつの間にか出来つつある。

ちょっと乱暴な言い方をすれば、
一枚の絵を複数の画家に、時間ギメで順番に描いてもらうようなものだ。
前の画家のデッサンが気に入らなければ、後戻りもあるだろう。
そもそもそんなことをして、より良い作品が完成するのだろうか。
いやいや、設計に対して創造性などという言葉は、
期待もされていないのだ。きっと。


ということで、今までやっていた仕事の監理業務は無しになりそうな予感。
・・・というか、ほぼ無し確定。
中途半端な達成感と共に、1年半続いたプロジェクトが、
静かに幕を閉じようとしている。

さ、次いこ次!

posted by drag_on at 21:44| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

授業参観

今日は日曜日の授業参観。
むかしは平日だったような。
だから圧倒的にお父さんが多い。
ちょっと気合い入ります。

が・・・
うーむ。授業ってこんなに退屈で
先生もこんなに求心力がなかったっけ?
大人がつまらない位だから
子供もつらいだろうな。

つい子供の目を盗んで
他のクラスの様子を見る。
なんとなく他のクラスも
うちのクラスと五十歩百歩ってとこか。

若い先生はマニュアル的で、
自分のカラーに染めがちだし、
ベテランの先生は子供との距離感に
苦労してるようだ。

なんとなくそういった先生方の
立ち位置が透けて見えてしまうのも
なんだかな、なのだけど、
自分が仮に小学校の先生で、
その立場だったら
トンデモないクラスになりそうだし。(笑)
やっぱり大変だ。
月並みだけど、先生、頑張れ!
と思わずにいられない。
ついでに元締めの文科省さん、
しっかりしろよ〜!
(・・・落ちがイマイチか。)
posted by drag_on at 14:39| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

「愛がいない部屋」

・・・すっかり石田衣良フリークになりつつある今日この頃。

神楽坂のとある高層マンションの、
いろいろな部屋で同時に起こるショートショート。
非日常な「日常」が積み重なる場所に、
其々の関連は全くなく、其々の想いもどこかに着地することなく浮遊する。
望まれるべき理想のライフスタイルの断片が乱舞する反面、
皮肉にもある生活の断面をパサッと切ったときに浮かびあがる様相は、
あまりにもモノトーンで、切なく、答えがない。

その現実感と空気を目の当たりにしたときに、
さて、どうしたものか、と思考停止。
きっとそれは、読み手の感性に委ねられているのだろう。
絵空事のウワベだけを考える建築屋には、内面をどう構築していく
のか、まだ理解が足りないようだ。

posted by drag_on at 00:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

シャルトリューズ

最近あまりにも話題が偏り過ぎたので、
語り口を少し変えてタマにはお酒の話など・・・


いつの頃からか、薬草系リキュールに密かにハマってます。

はっきりした出会いの時期は社会人になりたての頃。
その当時はこの世に何故こんな飲み物があるのか、
ぐらいな扱いだったのに、
次第に癖になるのが怖いところ。

ふだんは普通に普通の酒を飲むのが好きなのだけど、
アレがアレで、アレなときは間違いなく薬草系を選択してます。
要注意です。
そして反省至極です。

ペルノーは相変わらず好き。
リカールも普通に好き。
ヨンサマはちょい苦手。(?)

で、シャルトリューズは・・・

実は最近シャルトリューズを知りました。
今まで出会ったお酒の中で最も奥深く、
危険な場所に自分を連れてってくれるヤバい酒です。
修道院で守られる薬草の秘伝のレシピ。
全てを明かさない神秘的な態度に吸い寄せられ、
アルコール度数の高さに反して甘美な振る舞いに、
すっかり落ちてしまいました。
意識して飲んでいるためか、本当に薬草の効用なのか、
いまだかつて経験したことのない不思議な酔いかたをします。

たかがアルコール、されどアルコール。
新しい酒との出会いは人との出会いに似て、
時に甘く、時に厳しい。
そして最後は自分次第。
火傷気味な惚れ込みは禁物で、他の酒とのバランスをはかりながら、
距離感を持って接するのが吉のようです。


posted by drag_on at 08:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

36時間睡眠と大阪転勤の夢

ヤラカシマシタよ。遂に。
でも今までの蓄積された短時間睡眠の分とバーターしてもまだ寝足りない。
もちろん娘たちとの飯と風呂は欠かさず、ちょこっとネットのチェックもやったから、
厳密にいうともっと睡眠時間は少ないけど。

今まで短く深い眠りが続いてたのか、夢など見る暇なかったのに、
今回はなんだかたくさん見た気がする。
中でも傑作だったのは、自分が大阪にいきなり転勤になってしまう夢。
これにはちゃんとした前フリがあって、大阪にいる会社の同期が一人辞め、
その挨拶メールが携帯に転送されてきたのを夢うつつに読んだから、らしい。
会社を嫌になって辞める奴が一般的に多い中で、
そのメールからはそういった空気が無くて、
すごく好感がもてたのだけど、いろいろな年の積み重ねの中で、
返す言葉をどうしようか考える間にまた爆睡。
そして夢の中での答えが空いた席に転勤かよ、
と思うと、心の奥底に少しブラックな自分を発見して苦笑。
ちょっと夢の中とはいえ度が過ぎたなと反省。

今の仕事の仲間連中は、予測通りのリアクションでまた楽しい。
もっとも夢の中だから予測通りは当たり前だけど。
いろいろなカウンターが飛んできても、
まあ自己都合で勝手に辞める奴よりいいやろ〜!、
とこれまた夢の中で逆ギレ、ブラックドラゴン大炸裂。
我ながらストレスが溜ってんな〜と目が覚めて自己嫌悪。

まあそれも夢のまた夢。
現実は、今の仕事がケリ付いたら、と言い聞かせながら、
なんとなくずるずると愚直にやって来た自分が気恥ずかしくもあるけど、
仕事の上での次の目標が見えてしまった以上は、
まあ今の状況を変える選択肢はあり得ない。
それがどういう展開を生むかはさておき、
前進あるのみってとこで、今週がはじまるのだ。

posted by drag_on at 00:38| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

再構築

懸案の仕事のほうは一応収束に向かいはじめた。
予定から2ヶ月遅れという、前代未聞の事態に加え、
様々なストレスに対抗した拡散系な生活もまた、
今までになく過熱気味だったけど、
ようやく次の展開を冷静に考える余裕が出来始めた。

年間労働時間No.1という嬉しくない社内ランキング。
おかげで産業医に説教くらったりしたけど、
まあなんとか心身共に無事でいられた影には、
いろいろな人の支えがあってこそだったと気付いたことも収穫だった。

今月半ば頃に以前からのボスとの合意で長期休暇の予定。
実際どの位休暇取るかはまだ未定だけど、
最低限のいろいろな再構築の時間に充てよう。
とりあえず、リセット。

posted by drag_on at 23:57| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

最後にババがやってきた

最近はお仕事のお話ばかり。
ここ1週間は徹夜馴れしてる自分の過去の経験に照らしても、
なんだか理不尽な徹夜が続いてすっきりしない。
まあ今までの自分にしては珍しく、
ラストスパートを全速力で疾走しなくてもいい感じに調整しつつ、
旨いものを食す時間ぐらいは作れるかなというコロアイのはず、だったのに。
昨日のもつ鍋も延期。突然のキャンセルごめんなさい。

今自分が関わる仕事は複数のプロジェクトが同時並行で流れていて、大枠はほぼ収束している。
しかしこの段階で別の場所で仕事してる同僚というか、上司の分担分が、
壊滅的にヤバいことをはけ〜んしてしまったのが運の尽き。
最後にババを引く役回りは昔からのお約束なのか。(-"-;)
これは完全にマネジメントのミスだぜ!
誰がチェックしてたの!
これからどーすんの?
とボスに愚痴の長電話をするも、
まあやることはやらなきゃイケない訳で、期限は刻々と迫って来る。
たとえ今やり過ごしたとしても、誰が現場監理するのよ?と考えると、最後にババを引く役回りはやっぱり自分。

ということで、複雑怪奇な図面の解読と不整合の潰しに今日も一日を捧げます。はい。


posted by drag_on at 14:44| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

今週3回目・・・

の徹夜になりそうな予感。
もちろん仮眠は取るけど。
なんだか理不尽な仕事の徹夜はしたくないね〜。
ということで、今週の地元巡りは、ラーメンがらーじ一回で終わりそうです。

posted by drag_on at 21:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

久しぶりのオフ

image/drag-on-2006-05-21T18:56:50-1.JPGimage/drag-on-2006-05-21T18:56:51-2.JPG
久しぶりのオフは例によって地元巡り。
娘たちのリクエストで、
高台の見晴らしの良いローズカフェというバラ園で、
昼飯を食べながらマッタリ。
そして正直バラの種類がたくさんあるのにビックリ。

これで仕事が無事収束すれば文句なし、なのだけど・・・。
posted by drag_on at 18:56| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

Walking into Sunshine

一昨年の晩秋から始まった今の仕事も、いよいよ今週怒涛のクライマックスへ。
頭の中は今、central lineのこの曲がヘヴィろーてーしょん中。
言ってみれば中央線つながり(笑)
この曲の雰囲気と歌詞の内容が今の自分にとてもフィット。
休みをくれ〜。

posted by drag_on at 03:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

食住近接

引越してから半年経って、
なんとなく新しい生活スタイルが出来上がりつつある。
まあ健康的かどうかはさておき。(笑)

場所が人に与える影響は大きい。
今までの反省もあって、
ふだんは寝るために帰るだけで、
街との関わりほとんどゼロ生活を改め、
賃貸時代はあまり意識することのなかった、
地元との関わりを気にするようになった。

改めて自分の生活を振返ると、毎日片道30キロの道程を通勤にあてている。
まあその時間を読書やら携帯でこういった駄文を書く時間に費やしているので、
決して無駄にはなってないのだけど、
仕事場まで自転車で8分というかつての職住近接生活は望めない。
そこに一つのジレンマがあって、職住近接ができないなら、せめて食住近接な生活ができないものかと、考えを巡らせたりしている。

もちろん家でご飯を食べるのが一番だし、朝はそうしてるのだけど、
それ以外の食事は推して知るべし。
さらに休日に例えば郊外のショッピングセンターにいってしまえば、
そこでまあ値段はそこそこ、でもチープなご飯を食べるのが当然な流れになる訳で、
地元に全く関わりをもたず、(というと極端だけど)生活が成り立ってしまう。

これでは何処に住んでも一緒なわけだ。
いや、今までのまちづくりの流れは、
いつでも何処でも便利で画一的なライフスタイルを提供する方向だから、
これはこれで一つの素晴らしい完成型なのだけど。

今自分の住んでる町は、比較的人口も増加傾向にあるのに、
地元の商店街に新しい人が流れる様子が見えない。
地元でご飯を食べない、買わない、遊ばない、
そして飲まないという流れは確実にある。
目的に応じたサービスを得るため、多少移動時間がかかっても、お買い得感が大きい場合、間違いなく人は地元から外へ出ていくのだ。
しかし、郊外型量販店がライフスタイル全てを満足させることは出来ないし、
かつて某百貨店の失敗から明らかなように、
ライフスタイルやカルチャーといった大きな部分を、
一つの企業なり、店舗なりが背負える訳がない。

多分そこにこそ地元の役割があるのだと思う。
きめ細かなニーズをフォローできる、ホスピタリティこそが、
地域を生き生きと特徴付ける原動力に成り得るのだ。

そう、だから先ずは食住近接。
地元の受け皿が充実することで、最後には地域のアイデンティティを形成し得る何かが生まれるだろう、
なんてうだうだと考えつつ、今日も電車通勤なのだ。

え、他に考えることがあるだろうって?


posted by drag_on at 19:46| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

東京の秘境

image/drag-on-2006-05-04T15:25:20-1.JPGimage/drag-on-2006-05-04T15:25:20-2.JPG
休みはいつもせわしなく遠くまで動くのが常だったのだけど、
今回は住んでる街から出ずに娘達と探検ごっこ。
さて、ここは何処でしょう?
posted by drag_on at 15:25| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ヨンサマ

image/drag-on-2006-05-03T02:02:36-1.JPGゲキウマッ〜ズーい。
posted by drag_on at 02:02| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

少しオフモード

・・・長い打合せが終わりました。
明日から少しばかり休暇というか、休養をとります。

多分体力と抵抗力と迅速な判断力(笑)が、
かなりの勢いで落ちてるのは間違いないのに、
施主は自分の目の前で思いっきり唾を飛ばしながら咳こんでました。
これは多分、アルコール消毒が必要でしょう。

ということで・・・


posted by drag_on at 22:57| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

遠足日和

image/drag-on-2006-04-30T19:02:20-1.JPGimage/drag-on-2006-04-30T19:02:21-2.JPG
先週の私のトータル睡眠時間、特に昨晩を知ってる人には「あほちゃうか」と呆れられそうですが、
朝もはよから玉川上水を経由して小金井公園と江戸東京たてもの園にいってきました。
しかも自分は歩き。
久しぶりの徹夜明け往復10キロウォーキングは果たして健康に良いのか悪いのか。
チンザノとグラッパとチンタオ餃子の消化の一助にはなったと思います。(笑)

たてもの園はボランティアの方が充実していて前回行ったときより格段に良い感じ。
子供たちもたてものに興味を持ってくれたようだし、
サトザクラが丁度散り際で、芝生の新緑に一面ピンクの花びらが舞っていて、
なんだか前向きな気持ちになれる気持ちのよい日曜日。

お陰様でただいま猛烈な睡魔に襲われ中。
爆睡確実です。ごめんなさい。
posted by drag_on at 19:02| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

GWアヤウシ

5月の連休にはここ数年縁がないので期待してないのだけど、
どうやら今年も怪しい雲が立ち込めて来た。
というか、連休明けに仕事の締めがのび太、いや延びた、いや、延ばされた。
お陰様でプッツンちゅう。

ということで皆様、よい連休を〜!


posted by drag_on at 20:15| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ムーンウォーカー

image/drag-on-2006-04-23T16:59:40-1.JPGimage/drag-on-2006-04-23T16:59:40-2.JPG
久しぶりのオフ。
代々木のアースガーデンに「あふろん」な?お誘いを受けていたのだけど、
娘たちのたっての希望でいま多摩六都科学館に。
娘たちはムーンウォーカーがお気に入り。
久しぶりのまったりとした休日。
代々木のUAも魅かれるけど、
締めは安東ウメ子な国分寺の「がらーじ」でラーメンでしょうか。
そんな気分す。

posted by drag_on at 16:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。